心を鬼にして債務整理

人気記事ランキング

ホーム > 過払い金 > 過払い金請求は弁護士に依頼人すべし

過払い金請求は弁護士に依頼人すべし

過払い金請求をする際には債務整理に強い弁護士に依頼する事をオススメします。その理由は主に二つ。

  • 認定司法書士では多額の債務整理では代理人となれない
  • 個人で請求する場合は、業者がまともに取り合ってくれない事もある

この二つが主な理由です。

まず一番目の理由である認定司法書士ですが、確かに過払い金請求自体は弁護士と同じく行っています。また報酬金額も弁護士に比べて安価である為、過払い金請求のみであれば弁護士よりも向いている一面は持っています。しかし過払い金請求のみならず債務整理を視野に入れているのであれば、弁護士の方に依頼するべきです。

過払い金請求後に債務整理をした時の失敗例

当初は過払い金請求を司法書士に依頼した過払い金がわずかしか発生しない事が判明し、結局自己破産をすることにした。だが債権額が140万円を超えていた事、そして任意整理以外では司法書士では代理人にはなれない事から結局新たに代理人になれる弁護士を雇う事になった。

  • 債権額が140万円を超えた場合は司法書士では債務整理を請け負えない事。
  • 司法書士では代理人になれない自己破産を考慮していた事。

この二つがあった時点で当初から弁護士に依頼しておけば過払い金の発生に関わらず新たに弁護士を雇いなおす報酬や手間もかからなかったのが失敗です。上記はあくまでも一例ですが、せっかく得られるはずだった過払い金の利益も代理人の報酬に消えてしまえば元も子もありません。

一個人と弁護士では対応が異なる

そして二つ目の理由。個人が相手の場合は貸金業者の場合はまともに取り合わない事も珍しくありません。昨今では過払い金の自己請求をする人も増えてきましたが通常の金利だけでなく滞納した場合の延滞金や金利を含めた計算は難しいうえに業者によっては相手が個人の場合は、取引履歴の開示すら後回しにされる事もあります。

そして何より相手は貸金業の法を徹底的に知り尽くしたプロフェッショナル。生半な法の知識では太刀打ちできませんし、交渉しようにも様々な手で言質を取られたりして段々と不利な状況に追い詰められていくのは目に見えています。

貸金業者に翻弄された挙句、相当不利な条件になってしまう事もあります。そのような事態を防ぐ意味でも、過払い金請求に強いおすすめの事務所に依頼する事をオススメします。

過払い金請求の第二の鉄則は無闇に和解に応じない事

過払い金請求をする際には、もう一つ肝に銘じておくことがあります。それは貸金業者の和解案に無闇に応じない事です。通常、過払い金請求と並行して債務整理を行う場合は代理人となる弁護士と貸金業者の間で様々な交渉をすることになりますが一部業者は代理人を通さず、債務者自身に和解案を持ちかけてきた事もあったりまた貸金業者が取引履歴を出した直後の段階で和解案を提出する事もあります。

即刻和解案を出してくれるなんて良心的!と思いますがそこは抜け目なしの貸金業者。和解と引き換えに過払い金請求は行わないなんて一文が、こっそり追加されているケースもあります。あまりに早すぎる和解案や、弁護士を通さない和解を持ちかけられたなど少しでも不可解に感じたら依頼先の弁護士に相談してみましょう。